-佐藤技術部長、松本技術委員長が競技委員として建築配管職種の実施運営に参画-

第27回技能グランプリが、2月22日から25日までの4日間にわたって、千葉県の幕張メッセ他3会場で開催された。
この競技会は、特級、1級及び単1等級の熟練技能士の技能の一層の向上を図るとともに、その地位の向上と技能尊重気運醸成のために隔年で開催されている。今大会は建築配管を含む28職種に482名が参加して行われた。
建築配管の競技は、23日に幕張メッセで7名が参加して、競技時間5時間30分(打切時間6時間)で配管組立て及び鉛管曲げ作業に取り組んだ。
競技終了後の測定・水圧審査後に行われた主催者による成績会議において入賞者が決定し、25日の閉会式で表彰された。優勝した石井正利選手(新潟・(株)千代田設備)には厚生労働大臣賞が授与された。
なお、本会では、主催者からの要請に基づいて、本会技術部より佐藤技術部長が競技主査、松本技術委員長が競技委員として課題作成、競技実施運営に当たった。
◎入賞者 (敬称略)
第1位 石井正利(新潟・(株)千代田設備)
第2位 遠間潔寿(新潟・(株)千代田設備)
第3位 坂本耕三(東京・西原工事(株))
また、平田一也選手(岡山・(株)中央設備)が岡山県選手団の旗手を務めた。
本会は、配管技能の向上・継承、後継技能者の確保・育成等につながるため、本大会に参加した本会所属会員企業に選手1人当たり10万円を助成した。
次回の第28回技能グランプリは、2年後の開催を予定している。
なお、競技の様子は次のリンク先を参照して下さい。
当日公表課題図①

当日公表課題図②

競技の様子① http://www.youtube.com/watch?v=4bkOhs1EHkg&feature=youtu.be
競技の様子② http://www.youtube.com/watch?v=ZUEweLOh6pI&feature=youtu.be

競技の様子

競技の様子

優勝作品

優勝作品

参加選手と競技委員

参加選手と競技委員

配管職種の表彰式

配管職種の表彰式

石井選手

石井選手