-全国展開の建機レンタル、建機メーカー、水道資機材商社6社-

全管連は、12月24日、全管連会館において、全国展開する賛助会員の建機レンタルの(株)アクティオ、コマツレンタル(株)、建機メーカーのキャタピラージャパン(株)、水道資機材商社の(株)小泉、橋本総業(株)、渡辺パイプ(株)の6社と災害時復旧活動の応援協力に係わる覚書を調印した。大規模災害時には、全管連所属の組合と各社が連携して重機などを調達、水道施設等の早期復旧を目指す。
今回調印した覚書の主な内容は、大規模災害が発生した場合の応援協力を迅速かつ円滑に遂行するため、全管連所属の全国各地区組合と各社の支店が個々に、その地域の情勢に見合った資機材の提供に関する協定書を任意に締結することを促すものである。
これは、10月の第298回理事会において「地震等緊急時における応急復旧工事対応マニュアル」が承認されたことを受けて行われたものである。
日本水道協会は、平成20年12月に「地震等緊急時対応の手引き」を取りまとめており、全管連でも施工工事業者団体として、マニュアルの作成に着手していた。

調印式(中央・大澤会長)

調印式(中央・大澤会長)