― 4,855人が合格、合格率27.9%へ ―

12月8日、厚生労働省と(財)給水工事技術振興財団(理事長・藤田賢二氏)は、さる10月22日に実施した平成18年度給水装置工事主任技術者試験の合格者を発表した(合格者は同財団のホームページhttp://www.kyuukou.or.jpに掲載)。
今回の有効受験者数は17,371人、このうち合格者数は4,855人で合格率27.9%となった。

(参考) 合格率の推移
平成 9年度56.9% 平成14年度35.0%
  10年度46.0%   15年度36.6%
  11年度39.5%   16年度37.7%
  12年度36.0%   17年度27.3%
  13年度30.1%

厚生労働省が発表した合格基準は次のとおりです。
○合格基準

1配点

配点は、1題につき1点とする。(必須6科目計40点、全科目計60点。)

2合格基準

一部免除者(水道法施行規則第三十一条の規定に基づき、試験科目の一部免除を受けた者をいう。)においては次の1及び3、非免除者(全科目を受験した者をいう。)においては次の1~3の全てを満たすこととする。

(1)必須6科目(公衆衛生概論、水道行政、給水装置工事法、給水装置の構造及び性能、給水装置計画論、給水装置工事事務論)の得点の合計が、27点以上であること。

(2)全8科目の総得点が、40点以上であること。

(3)次の各科目の得点が、それぞれ以下に示す点以上であること。

・公衆衛生概論      1点

・水道行政        3点

・給水装置工事法     4点

・給水装置の構造及び性能 4点

・給水装置計画論     2点

・ 給水装置工事事務論   2点

・給水装置の概要     4点

・給水装置施工管理法   4点

なお、試験問題と解説・解答は、全管連ジャーナル12月号、1月号に掲載しております。