― 12月1~1月15日 ―

建設業労働災害防止協会では、厚生労働省・国土交通省の後援により、12月1日から1月15日までの期間を「建設業年末年始労働災害防止強調期間」と定め、「無事故の歳末 明るい正月」のスローガンのもと、労働災害防止の徹底を図るための運動を展開する。
これから迎える年末年始には工事が輻輳することもあって、労働災害の多発が危惧されている。同協会では、「人名尊重」の基本理念の下に、労働災害の着実な減少に向け、期間中の労働災害防止活動の積極的な推進を図るため、実施計画の具体的対策等を活用するよう呼びかけている(実施計画は同協会のホームページhttp://www.kensaibou.or.jp/でご覧になれます)。

 

年末年始重点実施事項(抜粋)

1. 特別安全パトロールの実施
2. 作業所閉所中における保安対策の確立
3. 三大災害(墜落・転落災害、建設機械・クレーン等災害、倒壊・崩壊災害)の防止対策の徹底
4. 火災・爆発等災害の防止対策の徹底
5. 交通労働災害防止対策の徹底
6. 酸素欠乏症等防止対策の徹底
7. 有機溶剤中毒予防対策の徹底
8. 一酸化炭素中毒防止対策の徹底
9. 積雪・雪崩災害防止対策の徹底
10. 公衆災害防止対策の徹底
11. 不安全行動防止対策の強化
12. 石綿障害予防対策の徹底