<受入れ対象職種について>
令和2年2月28日、特定技能外国人の受入れ対象職種について、従来からの11職種に加え、新たに7職種が追加されました。
 ・従来からの職種:型枠施工、左官、コンクリート圧送、トンネル推進工、建設機械施工、土工、屋根ふき、電気通信、鉄筋施工、鉄筋継手、内装仕上げ/表装
 ・新たに追加された職種:とび、建築大工、配管、建築板金、保温保冷、吹付ウレタン断熱、海洋土木工
  ※新たに追加された職種の特定技能外国人に関する建設特定技能受入計画の申請についても、既に可能となっています。
  ※受入れ対象職種と合格が必要な試験の対応関係、修了した技能実習等との対応関係については、運用要領(ガイドライン)別表6­ー1をご参照下さい。 
  ※各職種の業務内容については、運用要領(ガイドライン)別表6-2~別表6-19をご確認ください

【200319事務連絡】_建設特定技能のオンライン申請開始について_.pdf